マイナスよりプラスで

  • 2020.01.19 Sunday
  • 17:10

こんにちは羽鳥です。

 

今年は好き勝手やろうと思っていて、とりあえず生活の合間にやりたいことをやっています。楽しい。

 

イベントはできるだけ参加したいと思ってるんですけど、毎月は無理だ…!ということで、とりあえず4月名古屋コミティア、6月がーでんえふ、8月COMITIAという感じかなーと考えてます。

 

初心に返って書きたいものを書こうと思うんですけど、書きたいものってなんだ…?っていうループに入るんですよねぇ。

最近ツイッター眺めてると、道交法を守っていない演出が気になるだとか、ピンクの髪が気になるだとか、なんかもう私が知ってる物語の世界とは違う…っていう意見が散見されます。

別に、感性が違うことはまぁ当然だと思うんですよ。私の名作は貴方の駄作、逆もまた然りでしょうけど。私が嫌なのは「●●はおかしい」という個人の主観によって●●が淘汰されることです。

 

ちなみに私は周囲を振り回すような我儘ヒロインとか大好きなんですけど、もう今絶滅危惧種ですよねぇ〜。

 

嫌いを叫ぶことの何が悪いと言われると、そういう風に私が好きなものを淘汰されることが嫌です。好きなものを叫んだ方がいいと思いますけど、この世には自分が嫌いなものが存在していることが許せない人が多すぎる…、まぁそういう流れならば堰き止めることはできないからもう仕方ないですけどね。

 

ちなみに私は、物語の矛盾だとか、世界観や文化だとかの細かい齟齬は割とどうでもいい人なんですけれど、逆に絶対に重視するのが「キャラクターのバックボーンや関係性」ですね。ここが適当だとどんなに作りこんだ世界観でもどんなに秀逸なストーリーでもどんなにキャッチーなアイディアでも途端に冷めてしまいます。

 

物語って、やっぱり起承転結がないと物語として破綻していると感じるタイプなんですよね。ちょっと話がずれるのですが、今人気が出たり流行ったりしてる話は第一話にクライマックスが来てるものが多いかなと思います。後は尻すぼみしていくしかないというか。でも、起承転結しっかり構成された話をネットで連載したとして、1話公開したときには10しかなかったお気に入りが1000になったとしたら相当な名作だと思うんですけど。1話からガンガン見所を持っていって10000の人を掴み、そこから尻すぼみして1000人が切ったとしても9000人残るわけですよね。極端な話、最近はそれでしか生き残れないところあります。

 

まぁ、曲でもいきなりサビから入るような構成だとすごく耳に残りますし、似たようなものです。その手法自体は悪くない、むしろいい。好きですよ。でもそれ以外がなくなってしまうのは寂しい話でございます。

 

話が逸れましたが。私はキャラクターの関係性が全ての人種でございまして、それがおろそかにされたと感じると一気にザァーっとドンびいてしまうところがあるので、●●警察みたいに言われる人たちもそこがおろそかだとドンびいてしまうのでしょうし、まあ仕方ないですね。

 

それを思うとターゲット層、レーベルわけというのはやはり重要なんですよね。そして、自分が面白くないと思った作品は貴方を対象として作られていないと思うので、その作品が好きな人たちのためにそっと離れて欲しいものです。こんなこと主張したところで叩かれるだけだと思うので、自分はそうしようとささやかに思うのでした。

 

ていうか…、「●●をやめて下さい!悲しんでる人がいるんです!」っていう主張。まっとうな人は最初からしないんですよね。そういうことをする人の大半は、悲しませたくてやってるので多分逆効果だと思う。

誰かを刺そうとして不特定多数に放つ言葉は、大体狙ってない人に刺さります。刺したい人には見事なまでに刺さらない…。

 

誰かを刺すより刺された誰かに手を差し伸べて生きていきたいと思う2020年でございます。良かったら私にも手を差し伸べて下さい。大体いつも病んでます。羽鳥でした。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM