いじめ

  • 2019.02.23 Saturday
  • 16:22

最近、長男が「いじめ」にあっていると言うようになりました。

内容を聞いてみると、いじめ……というより、からかわれている、いじられているという感じではあります。もちろん本人がとても嫌ならそれはいじめにもなりえるのでしょうが、おそらくこれから先の人生でこういったことを完全に排除するのは難しいだろうなぁ……ということです。

 

たとえば、失敗や間違いを笑われたり、馬鹿にされたり。一生懸命作ったものを下手だ、変だ、とからかわれたり。

 

息子は、学校に行きたくないというので、じゃあ行かなくていいよというと1日休みましたが、翌日には切り替えて登校しました。とりあえず、一安心…というところではあったのですが、ここからが正念場ですよね。

 

相手が傷つくような言葉を悪気なくさらさらっと口にしてくる人は、いなくなることはないんですよね。

たとえば先生に「息子が傷ついてるんです!やめさせて下さい!」と言ったところで、やめさせることなんてできないどころか、こっちが悪者になりかねない。

だから息子には、その嫌な気持ち辛い気持ちになるべく寄り添いながらも、結局は「相手にしないこと。無視すること。これからもそういうことを言ってくる人はたくさんいる。いちいち傷ついていたら自分がつらい」ことを話しました。

けれど、どうして、傷ついてる子に、あなたの心構えを変えなさいと言わなきゃならないんですかね。とやるせない気持ちにもなります。

 

だって私自身ができないですもんね。書いた話に下らない、面白くない、なんて言われてへこまないわけがないですもんね。

ネガティブなレスポンスが駄目というわけではなくて。厳しい意見がありがたいこともあるから、必ずしも絶賛しなければならないとは思っていないんですけど。言論の自由は人を自由に傷つけていいわけじゃないといつも思ってます。それも、どんな言葉が相手を傷つけるかわからないから、あまり考えすぎると発言できないですけどね。正解なんてないですね。

 

それはともかく。

 

そしたら今後は、次男が「気持ち悪い。嫌い。近づかないで」というお手紙を持ち帰ってきてまた心が修羅場。

自分が言われるよりもショックですね、これ……。だいぶソフトに書いたけど、もうちょい抉ってくる文面でしたからね。

 

どちらにしてもね。相手にそうさせてしまうような要因はうちの子たちにもあったのかもしれない。けどそれでもこんなやり方ってありなのかな、私的にはなしかな。

私自身、大人になってから、私の立ち回りが悪いがために職場の人に無視されたり嫌がらせされたりして追い詰められたことも1度や2度じゃなかったけれど、こんな陰湿なやり方しかできない人たちに「あの子はコミュニケーションが取れないから」なんていじめられたりしたのですからちょっと解せないところがありつつ……大人になっても一つ立ち回りを間違えれば刺される世の中。

 

その世の中をどうやって生きていくか息子たちと考えながら、でもこんなことをやるよりはやられる方でいる方がいいのかもしれないとも思う。いつでも、人の足を引っ張るより、人の手を引けるような人物でいたいと思う。子供たちにもそう言って生きていく。

 

正直者が馬鹿を見る世の中でも、馬鹿を見て生きていくスタンスで頑張ります。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM